済州島で現金を引き出す

海外で現金を引き出す方法、韓国の済州島です。

済州島の概要と見所

済州島の景色の画像

済州島は、朝鮮半島で最も多き島であり、韓国語ではチェジュドと呼ばれます。海女漁業が盛んですが、近年ではゴルフ場が開発され、韓国有数のリゾートアイランドとなっています。

済州島には15世紀初めごろまで耽羅という独立国がありましたが、高麗が治めている期間に併合されたとされています。

島の名産は何といっても「カロッ」と呼ばれる山柿を使った染物です。柿には繊維を丈夫にする効果があるそうです

済州島での現金引き出し

韓国のATMは、日本のシステムより便利に感じました。ATMは、コンビニに早くから設置されていましたし、何より24時間利用できるのが良かったです。それと何といっても一部のATMでは現金の引き出しが日本語でできるのが韓国です。海外からの観光客数アップに向けての努力が感じられます。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、済州島で現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、済州島で現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■済州島のおすすめツアーと観光地

西帰浦層、テディベア・ミュージアム、ジャンプ、観音寺など

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でウォンを持っていることをおすすめします。

■済州島で買うならこれ!

カロッ(褐衣)、ブランド品、キムチ、韓国コスメ、革製品、メガネなど

海外での独特な現金引き出し法、韓国でのお土産をもっと買うことができますよ!

■韓国のお金
ウォン(WON)

韓国の通貨は、10から500ウォンまでの4種類の硬貨と、1,000ウォン、5,000ウォン、10,000ウォン、50,000ウォンの4種類の紙幣があります。硬貨・紙幣は新旧両方が使用されていますので種類が多く感じるかもしれません。

■ウォンのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX