ドバイで現金を引き出す

海外で現金の引き出しに役立つ技、アラブ首長国連邦のドバイです。

ドバイの概要と見所

ドバイの7つ星ホテルの画像

ドバイは、ペルシャ湾に面する7つの首長国からなる連邦国家、アラブ首長国連邦のひとつです。

人口は220万人を超え、2009年にはドバイショックがあったものの、ユニークなビルが立ち並ぶ近代的な都市国家として発展し続けています。

歴史的には、東インド会社への貴重な中継地として利用したイギリスの影響を強く受け、自由貿易政策によって、他の中東諸国と比較し欧米とのつながりを密にすることで発展してきました。

ドバイでの現金引き出し

ドバイの街中であれば、ATMを見つけるのに苦労しないでしょう。現金の引き出しが中東諸国の中では、サウジアラビアに次いでしやすい印象があります。トラベラーズチェックは使用したことがありませんが、さすが世界の富豪が集まる都市だけあって、クレジットカードはいたるところで利用することができました。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ドバイで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ドバイで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■ドバイのおすすめツアーと観光地

バージュハリファ、バージュ・アル・アラブ、イスラム文化体験ツアーなど

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でディルハムを持っていることをおすすめします。

■ドバイで買うならこれ!

デーツ、香水、スパイス、シルク、砂絵アートなど

海外で有効なカードで現金を引き出せば、アラブ首長国連邦でのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■アラブ首長国連邦のお金
ディルハム(DIRHAM)

現在利用されている紙幣は、5、10、20、50、100、200、500、1000の8種です。2011年にドバイを経由したときは、米ドルで両替したため、以前よりレートがよかった気がしました。中東諸国の多くは、米ドルペッグ制を採用していて、米ドルが基軸通貨になっています。なので、円高ドル安だと、そのままディルハムの両替にも影響します。また、日本円の流通が少ないので、レートが良くないとドバイで仕事をする友人から聞いたこともあります。

■ディルハムのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX