海外の現金に関する情報

海外旅行中に現金を引き出す前に、日本円で現地通貨がいくらくらいかを理解しておくと、現地で焦らずに済みます。

「為替レートコンバータ」という便利なツールでチェックしてみてみましょう。

Powered by CMS FX

例として、使用を予定している「日本円」が「ユーロ」でどれくらいになるかをチェックしてみます。

1. 日本円を選択する

カードキャッシング前に為替レートをチェック1

「EUR」を「JPY」に変更します。

2. 旅行先の通貨を選択する

カードキャッシング前に為替レートをチェック2

「USD」を「EUR」に変更します。

3. 両替したい日本円を入力します

カードキャッシング前に為替レートをチェック3

5万円分をユーロでカードキャッシングするといくらになるのかを知りたいので、「50000」と入力します。

4. 両替額が算出されます

カードキャッシング前に為替レートをチェック4

「Calculate」ボタンを押すと、チェックした時点での両替額が「Value」に表示されます。

この時点では、450.38ユーロであることが分かります。

※現金引き出しの際は、手数料がかかりますので、コンバータが示す金額を得られるわけではありません。およその目安としてご使用下さい。


海外旅行中に現金を引き出さなければならない場面は、カード社会になってもなくなることはないでしょう。

私の海外旅行中に「現金が必要だった場面」をまとめてみましたので、参考にしてみて下さい。

空港

■ トイレのチップ(主にアジア、中近東方面)
■ 自動販売機

タクシー

■ チップ
■ タクシー代金(アジアの一部の国や中近東ではスキミングされる可能性からキャッシュにしています)

ホテル

■ ポーターさんへのチップ(出張時に宿泊できる高級ホテルのみ)
■ ベッドメイクをする清掃員の方へのチップ
■ ルームサービスを頼んだときのチップ
■ ロビーのトイレを使用するときの清掃員さんへのチップ(主にアジア、中近東)

飲食店

■ ウェイター、ウェイトレスさんへのチップ(北米、ヨーロッパ)
■ マクドナルドやバーガーキングなどのファーストフード店
■ ショッピングセンター内にあるフードコード
■ 屋台
※最近はファーストフード店やフードコートでもカードが使えたりします。

交通機関

■ 現金のみのバスや鉄道に乗るとき
■ 駅やバスのトイレ(主にアジア、中近東)

博物館や美術館など

■ 入場料
■ トイレ(主にアジア、中近東)

その他

■ 現金のみのギフトショップや食料品店
■ 個人で申し込んだツアーのガイドさんへのチップ
■ 自販機で飲み物を購入する時

補足

■ アジアや中近東方面では、宿泊していないホテルでロビーのトイレだけ借りることが多いです。待ち合わせや急にトイレに行きたくなった場合、衛生面でホテルがいいと経験的に知っているので。

■ アジア、中近東など貧しい国ではチップが生活の糧になっています。高級ホテル内のトイレには、清掃員が一人待機していて、用が済むとタオルを渡してくれますので、その際チップを渡しています。

■ アメリカではカードも使えるファーストフードやフードコートが増えています。

■ 両替時はなるべく小さな単位($1札など)をいれてもらうようにすると何かと楽です。