アジア

海外で現金を引き出す方法、韓国の済州島です。

済州島の概要と見所

済州島の景色の画像

済州島は、朝鮮半島で最も多き島であり、韓国語ではチェジュドと呼ばれます。海女漁業が盛んですが、近年ではゴルフ場が開発され、韓国有数のリゾートアイランドとなっています。

済州島には15世紀初めごろまで耽羅という独立国がありましたが、高麗が治めている期間に併合されたとされています。

島の名産は何といっても「カロッ」と呼ばれる山柿を使った染物です。柿には繊維を丈夫にする効果があるそうです

済州島での現金引き出し

韓国のATMは、日本のシステムより便利に感じました。ATMは、コンビニに早くから設置されていましたし、何より24時間利用できるのが良かったです。それと何といっても一部のATMでは現金の引き出しが日本語でできるのが韓国です。海外からの観光客数アップに向けての努力が感じられます。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、済州島で現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、済州島で現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■済州島のおすすめツアーと観光地

西帰浦層、テディベア・ミュージアム、ジャンプ、観音寺など

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でウォンを持っていることをおすすめします。

■済州島で買うならこれ!

カロッ(褐衣)、ブランド品、キムチ、韓国コスメ、革製品、メガネなど

海外での独特な現金引き出し法、韓国でのお土産をもっと買うことができますよ!

■韓国のお金
ウォン(WON)

韓国の通貨は、10から500ウォンまでの4種類の硬貨と、1,000ウォン、5,000ウォン、10,000ウォン、50,000ウォンの4種類の紙幣があります。硬貨・紙幣は新旧両方が使用されていますので種類が多く感じるかもしれません。

■ウォンのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出しに役立つ技、のマカオです。

マカオの概要と見所

マカオの夜景の画像

マカオは、中華人民共和国澳門特別行政区として指定されている地域です。

旧ポルトガル植民地で、現在はカジノと世界文化遺産を中心とした世界的な観光地としても知られています。

マカオでの現金引き出し

マカオで香港ドルは使えるのですが、香港でパタカは使えませんので覚えておくと良いでしょう。香港メインでマカオに行く場合は、パタカに両替しないで香港ドルとクレジットカードで支払うようにするのもいいと思います。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、マカオで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、マカオで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■マカオのおすすめツアーと観光地

マカオタワー、マカオ博物館、媽閣廟、マカオパンダ館など

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でパタカを持っていることをおすすめします。

■マカオで買うならこれ!

焼菓子(杏仁餅)、調味料、香辛料、プーアル茶、ポルトガルワインなど

海外で現金を上手に引き出すことで、でのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■のお金
パタカ(PATACA)

マカオの紙幣は1000MOP、500MOP、100MOP、50MOP、20MOP、10MOPの6種類。硬貨は10MOP、5MOP、2MOP、1MOP、50Avos(アボス)、20Avos、10Avosの7種類がある。ほとんどのレストランやホテル、カジノで香港ドルが使えますが、地元の食堂やカフェに行くとパタカでおつりがくることが多いです。カジノがメインのマカオ滞在なら香港ドルだけでも何とかなるでしょう。

■パタカのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出しに役立つ技、韓国のソウルです。

ソウルの概要と見所

ソウルの町並みの画像

ソウルは、14世紀末に李氏朝鮮王朝の都として、四神相応という地相を元に建設された都市です。

1988年のソウルオリンピック以降、経済が急速に発展し、現在では人口900万人以上が暮らすアジア主要都市の一つになっています。

ソウルでの現金引き出し

韓国のATMは、日本のシステムより便利に感じました。ATMは、コンビニに早くから設置されていましたし、何より24時間利用できるのが良かったです。それと何といっても一部のATMでは現金の引き出しが日本語でできるのが韓国です。海外からの観光客数アップに向けての努力が感じられます。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ソウルで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ソウルで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■ソウルのおすすめツアーと観光地

古宮、水原華城、韓国民俗村など

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でウォンを持っていることをおすすめします。

■ソウルで買うならこれ!

キムチ、韓国コスメ、革製品、メガネなど

海外で現金を上手に引き出すことで、韓国でのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■韓国のお金
ウォン(WON)

韓国の通貨は、10?500ウォンまでの4種類の硬貨と、1,000ウォン、5,000ウォン、10,000ウォン、50,000ウォンの4種類の紙幣があります。硬貨・紙幣は新旧両方が使用されていますので種類が多く感じるかもしれません。

■ウォンのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金が必要になったらどうするか、トルコのパムッカレです。

パムッカレの概要と見所

パムッカレの絶景の画像

パムッカレは、トルコ西部に位置するデニズリ県にあるユネスコの世界遺産(複合遺産)の登録名です。

パムッカレとは、トルコ語で「綿の宮殿」を意味しています。この地域は古代から良質の綿花の一大生産地であり、綿がパムッカレの発展に大きな役割を果たしてきました。

パムッカレでの現金引き出し

ATMは街のいたるところに設置されているので、現金の引き出しに最適で、24時間いつでも現金を確保することができます。残念ながらT/Cの利用は限られ、両替ができてもレートが高いので緊急用に使うぐらいで持っていくならいいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、パムッカレで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、パムッカレで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■パムッカレのおすすめツアーと観光地

ヒエラポリス遺跡など

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でトルコリラを持っていることをおすすめします。

■パムッカレで買うならこれ!

スパイス、ペルシャ絨毯、貴金属など

海外の現金を引き出す技を知ることで、トルコでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■トルコのお金
トルコリラ(TURKISH LIRA)

トルコでは2009年1月1日から新通貨が発行され、通貨単位はTL(トルコリラ)になりました。新通貨は、紙幣が全6種(200TL, 100TL, 50TL, 20TL, 10TL, 5TL)、硬貨も同じく6種(1TL, 50Krs, 25Krs, 10Krs, 5Krs, 1Krs)となっています。

■トルコリラのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金が必要になったらどうするか、タイのバンコクです。

バンコクの概要と見所

バンコクの仏教寺院の画像

バンコクは、タイ語で「天使の都(クルンテープ)」という意味を持つタイの首都です。

ワット・ヤイ・チャイ・モンコンをはじめ古寺院や宮殿が多く、世界の人気観光都市の一つでもあります。

産業界には華僑が多く入り込んでおり、米やチーク材の輸出でタイの発展に貢献してきました。

バンコクでの現金引き出し

タイで両替できる場所は、空港内の両替所、ホテル、そして銀行所や私設の両替所がありますが、レートはまちまちです。現金の引き出しで手数料はかかったことがありません。ATM機に表示はされますが、とられないのです。トラベラーズチェックは、1枚20バーツ程度の手数料がかかるので使わないのが得策です。 タイで1番レートが悪いのはホテルです。手持ちのバーツが無くなり、近くに両替できるところが無くどうしても現金が必要になったときだけに利用するといいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、バンコクで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、バンコクで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■バンコクのおすすめツアーと観光地

ミュージアム オブ サイアム、国立博物館、ラッタナーコシン歴史展示館など

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でバーツを持っていることをおすすめします。

■バンコクで買うならこれ!

タイシルク、セラドン焼、象小物など

海外の現金を引き出す技を知ることで、タイでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■タイのお金
バーツ(BHAT)

通貨はバーツ(Baht)と補助通貨のサタン(Satang)で、1バーツが100サタンです。

■バーツのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す機会ってどれくらいあるのか、タイのプーケットです。

プーケットの概要と見所

プーケットビーチの画像

プーケットは、その風光明媚さから1980年代以降世界的なリゾート地となっており、世界各国から年間を通じ多くの観光客が訪れています。

周囲には大小合わせて32の島々が点在し、バンコクがある本土とは、「サラシン橋」によって結ばれています。

美しく澄んだアンダマン海は、マリンスポーツに最適でシュノーケリングやスキューバダイビングを楽しむ人の姿が年中見られます。

プーケットでの現金引き出し

タイで両替できる場所は、空港内の両替所、ホテル、そして銀行所や私設の両替所がありますが、レートはまちまちです。何と現金の引き出しで手数料はかかったことがありません。ATM機に表示はされますが、とられないのです。トラベラーズチェックは、1枚20バーツ程度の手数料がかかるので使わないのが得策です。 タイで1番レートが悪いのはホテルです。手持ちのバーツが無くなり、近くに両替できるところが無くどうしても現金が必要になったときだけに利用するといいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、プーケットで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、プーケットで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■プーケットのおすすめツアーと観光地

プーケット水族館、象乗りなど

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でバーツを持っていることをおすすめします。

■プーケットで買うならこれ!

ラン、アロマ製品、レッドバームなど

海外に強いカードで現金を引き出せば、タイでのお土産をもっと買うことができますよ!

■タイのお金
バーツ(BHAT)

通貨はバーツ(Baht)と補助通貨のサタン(Satang)で、1バーツが100サタンです。

■バーツのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す方法、韓国の釜山(プサン)です。

釜山(プサン)の概要と見所

釜山の風景の画像

釜山(プサン)は、韓国、第二の都市であり、元はふざんと発音していましたが、現在ではプサンと現地語に倣って発音するのが一般的です。

韓国最大の貿易港として栄え、南方には絶影島を有し,地形を活かした質の高い港として知られています。

釜山(プサン)での現金引き出し

韓国のATMは、日本のシステムより便利に感じました。ATMは、コンビニに早くから設置されていましたし、何より24時間利用できるのが良かったです。それと何といっても一部のATMでは現金の引き出しが日本語でできるのが韓国です。海外からの観光客数アップに向けての努力が感じられます。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、釜山(プサン)で現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、釜山(プサン)で現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■釜山(プサン)のおすすめツアーと観光地

海東龍宮寺、釜山タワーなど

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でウォンを持っていることをおすすめします。

■釜山(プサン)で買うならこれ!

キムチ、韓国コスメ、革製品、メガネなど

海外でうまく現金を引き出せば、韓国でのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■韓国のお金
ウォン(WON)

韓国の通貨は、10?500ウォンまでの4種類の硬貨と、1,000ウォン、5,000ウォン、10,000ウォン、50,000ウォンの4種類の紙幣があります。硬貨・紙幣は新旧両方が使用されていますので種類が多く感じるかもしれません。

■ウォンのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出し方、のシンガポールです。

シンガポールの概要と見所

マーライオンの画像

シンガポールは、アジアの国際金融都市として発展しサンスクリット語で「ライオンの町」を意味しています。

現在もイギリス連邦加盟国でもあり、街のいたるところでイギリス文化を感じることができます。

赤道直下に位置するため、一年を通じて高温かつ多湿ですが、ホテルやショッピングセンターの空調設備がしっかりしているので快適に過ごすことができます。

シンガポールでの現金引き出し

ATMは多分日本以上に設置されています。地下鉄の駅の切符売り場付近、ショッピングモールなど、そこらじゅうにATMがあり、カードがあれば現金の引き出しに24時間困ることはない環境です。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、シンガポールで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、シンガポールで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■シンガポールのおすすめツアーと観光地

セントーサ島、シンガポール動物園、ラン園など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でシンガポールドルを持っていることをおすすめします。

■シンガポールで買うならこれ!

パイナップルケーキ、中国茶、ラン、ビーフジャーキーなど

海外ならではの現金引き出し法を理解することで、でのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■のお金
シンガポールドル(SINGAPORE DOLLAR)

紙幣はS$2、5、10、50、100、1000、1万の7種類。硬貨はS¢1、5、 10、20、50、S$1の6種類。高級レストランも多い、シンガポールですが、屋台(ホーカーフード)も衛生的でおいしいので食事をする機会があると思います。そんな場合に備えてキャッシュは多めに持参するといいでしょう。

■シンガポールドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金化に役立つ情報、中国の北京です。

北京の概要と見所

天安門広場の画像

北京は、明と清の時代に首都でしたが、中華民国時代に南京へと首都が変わり、一時北平と改称されました。

北京の名を取り戻したのは、中華人民共和国となってからでした。

主な観光地は、天安門、故宮、万里の長城(八達嶺など)があります。また2008年には北京オリンピック(第29回夏季オリンピック)が開催され注目を浴びました。

北京での現金引き出し

チップの習慣は中国にはないので基本的には不要です。中級、高級ホテルではサービス料が加算されていますので、特にポーターさんなどにも払う必要はありません。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、北京で現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、北京で現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■北京のおすすめツアーと観光地

故宮、万里の長城など

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金で元を持っていることをおすすめします。

■北京で買うならこれ!

紹興酒、クコの実、中国茶、亀ゼリーなど

海外で有効なカードで現金を引き出せば、中国でのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■中国のお金
元(YUAN)

人民元は現在新旧合わせて紙幣23種類、硬貨10種類が流通しています。

■元のレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す機会ってどれくらいあるのか、カンボジアのシェムリアップです。

シェムリアップの概要と見所

アンコールワットの画像

シェムリアップは、カンボジアのシェムリアップ州の州都であり、アンコール・ワット、アンコール・トムなどを含むアンコール遺跡群の観光拠点として有名です。

Siem Reapは直訳すると「シャム人敗戦の地」を意味します。これは17世紀にクメール人がシャムのアユタヤ王朝の軍隊に勝利したことにちなんでいるそうです。

シェムリアップでの現金引き出し

カンボジアのATM事情ですが、プノンペン・シェムリアップ・ポイペットなどの大きな町なら見つけるのに苦労しないでしょう。しかし、田舎に行くとほんと見当たりませんので、現金がなくなったら早めに現金を引き出しておくといいと思います。実はアメリカドルがあれば、十分過ごせてしまうのが今のカンボジアです。おつりがリエルで返ってくることが多いですが、私はドルに両替して観光しています。北西部に行けばタイバーツも利用できちゃいます。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、シェムリアップで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、シェムリアップで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■シェムリアップのおすすめツアーと観光地

アンコールワット、アンコール・トム、ポキットラーゴルフツアーなど

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でリエルを持っていることをおすすめします。

■シェムリアップで買うならこれ!

アンコールクッキー、ハスの茶、シルクなど

海外に強いカードで現金を引き出せば、カンボジアでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■カンボジアのお金
リエル(RIEL)

カンボジアで発行されているのは紙幣のみで50、100(2種類)、200、500(2種類)、1000(3種類)、2000(2種類)、 5000(2種類)、1万(2種類)、2万(2種類)、5万、10万リエルの19種類です。

■リエルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX