アフリカ

海外で現金が必要になったらどうするか、モロッコのカサブランカです。

カサブランカの概要と見所

カサブランカの町の画像

カサブランカは、人口約320万人の北アフリカ最大の商業都市です。

独特な衣装で知られるベルベル人によって発展を遂げ、映画「カサブランカ」で映し出された叙情あふれる景色で一躍有名になりました。

カサブランカの歴史は古く、12世紀にこの地域一帯を支配したムワッヒド朝時代にはすでに貿易港として栄え、ポルトガルによって破壊された時代があったものの18世紀に再建され、スペインからの商人が定住するようになり発展しました。

カサブランカでの現金引き出し

ATM機は、カサブランカなどの都市であれば簡単に見つか現金の引き出しはできますが、表示言語はフランス語メインです。一度、選択していた英語からフランス語にいきなり変わったことがあり焦りました。どうもカードが使えない場合に、フランス語メッセージが出るようで英語しか分からなかったので冷や汗ものでした。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、カサブランカで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、カサブランカで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■カサブランカのおすすめツアーと観光地

ハッサン2世モスク、メジナ(旧市街)、レストラン、お土産屋など

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でディラハムを持っていることをおすすめします。

■カサブランカで買うならこれ!

デーツ、香水、スパイス、シルク、砂絵アートなど

海外でうまく現金を引き出せば、モロッコでのお土産をもっと買うことができますよ!

■モロッコのお金
ディラハム(DIRHAM)

紙幣は20DH(ディラハム)、50DH、100DH、200DHの4種類で、硬貨は5C、10C、20C、50C、1DH、2DH、5DH、10DHの8種類あります。モロッコの銀行はサウジアラビア同様、長くて14時までの営業でした。トラベラーズチェックでキャッシングする場合は覚えておくとよいでしょう。

■ディラハムのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金って引き出せるのか、エジプトのルクソールです。

ルクソールの概要と見所

ルクソールの宮殿の画像

ルクソールは、古代エジプトの都「テーベ」があった歴史的に重要な都市で、現在も数多くの遺跡が残っている場所としても知られています。

ルクソールではエジプト人がいかに自然と関わってきたかを建物から理解することができます。

日が昇る方角であるナイル川の東岸には、カルナック神殿やルクソール神殿など「生を象徴する建物」が立ち並ぶ一方、日が沈む方向のナイル川西岸には死を象徴する、王家の谷や王妃の谷などが位置しています。

ルクソールでの現金引き出し

エジプトの物価は実に安いのですが、ツアーで行くレストランは日本並みで「えっ」って感じです。お土産屋さんも外国人向けの価格があるので、現地の友人がいればベストですね。エジプトポンドへの両替は、エジプト空港でしておくとよいでしょう。エジプトでは、ポンドのほかにアメリカドルが利用でき、そのほうが少し安かったりするのです。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ルクソールで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ルクソールで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■ルクソールのおすすめツアーと観光地

ハトシェプスト女王葬祭殿、王家の谷、ラムセウムなど

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でポンドを持っていることをおすすめします。

■ルクソールで買うならこれ!

デーツ、パピルス、香水ピン、ラバーバなど

海外での独特な現金引き出し法、エジプトでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■エジプトのお金
ポンド(EGYPTIAN POND)

ポンドはアラビア語でギニー、補助単位であるピアストルはエルシュまたはサアと発音します。紙幣にはカイロにある代表的なモスクがデザインされ、中東気分を味わえます。

■ポンドのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX