オセアニア

海外で現金の引き出しに役立つ技、ニュージーランドのオークランドです。

オークランドの概要と見所

オークランドの景色の画像

オークランドは、ポリネシア地域最大の都市でもあります。

都会でありながら周辺に美しい景観と自然環境が整っていることを特徴としています。

人口は41万を越え、地域人口の4割は海外出身者が占めるという国際都市です。また世界最大のポリネシア人の居住人口を抱える都市でもあります。

オークランドでの現金引き出し

ニュージーランドは現金の引き出しがしやすい国といえるでしょう。ATMは、町のいたるところに設置されています。機械は、駅の構内などにもあって「足りなくなった!」というときも安心です。トラベラーズチェックは、使えるお店が減っているようなので、現金が足りなくなった場合の緊急用として持参すればよいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、オークランドで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、オークランドで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■オークランドのおすすめツアーと観光地

交通科学博物館、クメウワイナリー、オークランド博物館、スカイタワー、など

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でニュージーランドドルを持っていることをおすすめします。

■オークランドで買うならこれ!

シープスキン、オールブラックグッズ、キウィグッズ、ヒスイ、パウア貝など

海外で現金を上手に引き出すことで、ニュージーランドでのお土産をもっと買うことができますよ!

■ニュージーランドのお金
ニュージーランドドル(NEW ZEALAND DOLLAR)

紙幣は$100、$50、$20、$10、$5の5種類で、硬貨は$2、$1、50¢、20¢、10¢の5種類となっています。 日本円からニュージーランドドルへの両替は、ニュージーランド到着後に行うことをおすすめします。日本では、ニュージーランドドルはマイナー通貨のため、為替レートはよくないですが、日本円はニュージーランドで主要取引通貨なので、有利なレートで両替できることが多いです。

■ニュージーランドドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す機会ってどれくらいあるのか、ニュージーランドのテカポ湖です。

テカポ湖の概要と見所

テカポ湖の景色の画像

テカポ湖は、マウント・クックの裾野に広がる高原地帯の静寂に包まれた神秘の湖です。大昔は氷河の底にあったことが調査によって判明しています。

テカポ湖の水は、氷河が動くことで岩石が削られ、微粒子が湖水と混じり合うことによって、独特のトルコ石色に輝いています。

テカポ湖での現金引き出し

ニュージーランドは現金の引き出しがしやすい国といえるでしょう。ATMは、町のいたるところに設置されています。機械は、駅の構内などにもあって「足りなくなった!」というときも安心です。トラベラーズチェックは、使えるお店が減っているようなので、現金が足りなくなった場合の緊急用として持参すればよいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、テカポ湖で現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、テカポ湖で現金化する額を決めておくといいでしょう。

■テカポ湖のおすすめツアーと観光地

観光センターやお土産屋など

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でニュージーランドドルを持っていることをおすすめします。

■テカポ湖で買うならこれ!

シープスキン、オールブラックグッズ、キウィグッズ、ヒスイ、パウア貝など

海外の現金を引き出す技を知ることで、ニュージーランドでのお土産をもっと買うことができますよ!

■ニュージーランドのお金
ニュージーランドドル(NEW ZEALAND DOLLAR)

紙幣は$100、$50、$20、$10、$5の5種類で、硬貨は$2、$1、50¢、20¢、10¢の5種類となっています。 日本円からニュージーランドドルへの両替は、ニュージーランド到着後に行うことをおすすめします。日本では、ニュージーランドドルはマイナー通貨のため、為替レートはよくないですが、日本円はニュージーランドで主要取引通貨なので、有利なレートで両替できることが多いです。

■ニュージーランドドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出すときに使えるワザ、オーストラリアのブリスベンです。

ブリスベンの概要と見所

ブリスベンの海の画像

ブリスベンは、シドニー、メルボルンに次ぐオーストラリア第三の都市であり、人口約200万人を擁しています。

元々先住民族、アボリジニーのターバルと呼ばれる部族の人々が暮らしていた地域で、彼らはこの地を “Mian-jin” (棘のような形をした土地) と呼んでいたそうです。

ブリスベンでの現金引き出し

オーストラリアではクレジットカード決済が主流なので、ATMで現金の引き出しをする場所を探すのに困ることはないでしょう。手数料は両替する場所によって異なるので必ずレートの確認をすることをおすすめします。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ブリスベンで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ブリスベンで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■ブリスベンのおすすめツアーと観光地

ローンパイン・コアラ・サンクチュアリ、マウント・クーサ植物園、セント・トーマス・ブリスベン・プラネタリウムなど

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でオーストラリアドルを持っていることをおすすめします。

■ブリスベンで買うならこれ!

ブーメラン、はちみつ、カンガルーペン、ディジェリドゥなど

海外ならではの現金引き出し法を理解することで、オーストラリアでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■オーストラリアのお金
オーストラリアドル(AUSTRALIAN DOLLAR)

紙幣は$5、10、20、50、100で、硬貨は5、10、20、50¢、$1、2の6種類が発行されています。オーストラリアドルの紙幣は紙でないんです。プラスチック(ポリマー)で作られていて、しかも透かし部分には、透明フィルムが使用されています。偽造予防のようですが、サーファーの多い国なので防水にしたという話もあります。

■オーストラリアドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す方法、オーストラリアのエアーズロックです。

エアーズロックの概要と見所

エアーズロックの絶景の画像

エアーズロックは、ウルル-カタ・ジュダ国立公園内に存在する世界で二番目に大きな単一の岩石です。

所有権はピッティンジャラジャ評議会というアボリジニの組織に属し、オーストラリア政府にリースしているというユニークな場所でもあります。

ちなみに最大の一枚岩は、マウント・オーガスタスという西オーストラリア州にある岩となっています。

エアーズロックでの現金引き出し

オーストラリアではクレジットカード決済が主流なので、ATMで現金の引き出しをする場所を探すのに困ることはないでしょう。手数料は両替する場所によって異なるので必ずレートの確認をすることをおすすめします。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、エアーズロックで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、エアーズロックで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■エアーズロックのおすすめツアーと観光地

エアーズロックリゾートなど

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でオーストラリアドルを持っていることをおすすめします。

■エアーズロックで買うならこれ!

はちみつ、コアラのマカデミアナッツチョコレート、アボリジニの民芸品など

海外でうまく現金を引き出せば、オーストラリアでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■オーストラリアのお金
オーストラリアドル(AUSTRALIAN DOLLAR)

紙幣は$5、10、20、50、100で、硬貨は5、10、20、50¢、$1、2の6種類が発行されています。オーストラリアドルの紙幣は紙でないんです。プラスチック(ポリマー)で作られていて、しかも透かし部分には、透明フィルムが使用されています。偽造予防のようですが、サーファーの多い国なので防水にしたという話もあります。

■オーストラリアドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金が必要になったらどうするか、ニュージーランドのクイーンズタウンです。

クイーンズタウンの概要と見所

クイーンズランドの景色の画像

クイーンズタウンは、山々に囲まれたその美しさ情景が「ヴィクトリア女王にふさわしい」という理由で名づけられた街です。

1862年に、ショットオーバー川で金脈が発見された後、町は急速に発展し人口も数千人に増えましたが、金脈が尽きると人口は数百人に激減してしまったゴールドラッシュの歴史があります。

クイーンズタウンでの現金引き出し

ニュージーランドは現金の引き出しがしやすい国といえるでしょう。ATMは、町のいたるところに設置されています。機械は、駅の構内などにもあって「足りなくなった!」というときも安心です。トラベラーズチェックは、使えるお店が減っているようなので、現金が足りなくなった場合の緊急用として持参すればよいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、クイーンズタウンで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、クイーンズタウンで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■クイーンズタウンのおすすめツアーと観光地

アロウタウン、バンジージャンプなど

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でニュージーランドドルを持っていることをおすすめします。

■クイーンズタウンで買うならこれ!

シープスキン、オールブラックグッズ、キウィグッズ、ヒスイ、パウア貝など

海外の現金を引き出す技を知ることで、ニュージーランドでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■ニュージーランドのお金
ニュージーランドドル(NEW ZEALAND DOLLAR)

紙幣は$100、$50、$20、$10、$5の5種類で、硬貨は$2、$1、50¢、20¢、10¢の5種類となっています。 日本円からニュージーランドドルへの両替は、ニュージーランド到着後に行うことをおすすめします。日本では、ニュージーランドドルはマイナー通貨のため、為替レートはよくないですが、日本円はニュージーランドで主要取引通貨なので、有利なレートで両替できることが多いです。

■ニュージーランドドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出し方、ニュージーランドのクライストチャーチです。

クライストチャーチの概要と見所

クライストチャーチの教会の画像

クライストチャーチは、人口37万人以上の人が生活するニュージーランド内で2番目、南島では最大の人口を有する街です。

ニュージーランドの祖先マオリ族は、1250年ごろに巨大な鳥モアを追いかけて、北島のイーストコーストから入植したとの見方が有力視されています。

クライストチャーチでの現金引き出し

ニュージーランドは現金の引き出しがしやすい国といえるでしょう。ATMは、町のいたるところに設置されています。機械は、駅の構内などにもあって「足りなくなった!」というときも安心です。トラベラーズチェックは、使えるお店が減っているようなので、現金が足りなくなった場合の緊急用として持参すればよいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、クライストチャーチで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、クライストチャーチで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■クライストチャーチのおすすめツアーと観光地

カンタベリー博物館、クライストチャーチ植物園、クライストチャーチ大聖堂など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でニュージーランドドルを持っていることをおすすめします。

■クライストチャーチで買うならこれ!

シープスキン、オールブラックグッズ、キウィグッズ、ヒスイ、パウア貝など

海外ならではの現金引き出し法を理解することで、ニュージーランドでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■ニュージーランドのお金
ニュージーランドドル(NEW ZEALAND DOLLAR)

紙幣は$100、$50、$20、$10、$5の5種類で、硬貨は$2、$1、50¢、20¢、10¢の5種類となっています。 日本円からニュージーランドドルへの両替は、ニュージーランド到着後に行うことをおすすめします。日本では、ニュージーランドドルはマイナー通貨のため、為替レートはよくないですが、日本円はニュージーランドで主要取引通貨なので、有利なレートで両替できることが多いです。

■ニュージーランドドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金化に役立つ情報、ニュージーランドのマウントクックです。

マウントクックの概要と見所

マウントクックの絶景の画像

マウントクックは、標高3,754mのニュージーランド最高峰の山です。正式名称は、アオラキ/マウントクックであり、通称「マウント・クック」と呼ばれています。

アオラキ(Aoraki)」は、先住民族であるマオリ・ナイ・タフ族の言葉で「雲の峰」を意味します。「クック」はニュージーランドやアラスカ探索で貢献したイギリスのジェームズ・クックに由来しています。

マウントクックでの現金引き出し

ニュージーランドは現金の引き出しがしやすい国といえるでしょう。ATMは、町のいたるところに設置されています。機械は、駅の構内などにもあって「足りなくなった!」というときも安心です。トラベラーズチェックは、使えるお店が減っているようなので、現金が足りなくなった場合の緊急用として持参すればよいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、マウントクックで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、マウントクックで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■マウントクックのおすすめツアーと観光地

観光センターなど

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でニュージーランドドルを持っていることをおすすめします。

■マウントクックで買うならこれ!

シープスキン、オールブラックグッズ、キウィグッズ、ヒスイ、パウア貝など

海外で現金を上手に引き出すことで、ニュージーランドでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■ニュージーランドのお金
ニュージーランドドル(NEW ZEALAND DOLLAR)

紙幣は$100、$50、$20、$10、$5の5種類で、硬貨は$2、$1、50¢、20¢、10¢の5種類となっています。 日本円からニュージーランドドルへの両替は、ニュージーランド到着後に行うことをおすすめします。日本では、ニュージーランドドルはマイナー通貨のため、為替レートはよくないですが、日本円はニュージーランドで主要取引通貨なので、有利なレートで両替できることが多いです。

■ニュージーランドドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金って引き出せるのか、オーストラリアのパースです。

パースの概要と見所

パースの海の画像

パースは、オーストラリア第四の都市であり、大洋州が誇るの国際都市です。街の美しさが特に有名で「世界で一番美しい都市」と言うトラベルライターもいます。

町中に咲き誇る数々の花と夕日の美しさは格別です。パースという都市名は、1829年にジェームズ・スターリングによって選ばれました。

パースでの現金引き出し

オーストラリアではクレジットカード決済が主流なので、ATMで現金の引き出しをする場所を探すのに困ることはないでしょう。手数料は両替する場所によって異なるので必ずレートの確認をすることをおすすめします。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、パースで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、パースで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■パースのおすすめツアーと観光地

パース動物園、スワンベル、西オーストラリア水族館など

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でオーストラリアドルを持っていることをおすすめします。

■パースで買うならこれ!

ブーメラン、はちみつ、カンガルーペン、ディジェリドゥなど

海外でうまく現金を引き出せば、オーストラリアでのお土産をもっと買うことができますよ!

■オーストラリアのお金
オーストラリアドル(AUSTRALIAN DOLLAR)

紙幣は$5、10、20、50、100で、硬貨は5、10、20、50¢、$1、2の6種類が発行されています。オーストラリアドルの紙幣は紙でないんです。プラスチック(ポリマー)で作られていて、しかも透かし部分には、透明フィルムが使用されています。偽造予防のようですが、サーファーの多い国なので防水にしたという話もあります。

■オーストラリアドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す機会ってどれくらいあるのか、オーストラリアのシドニーです。

シドニーの概要と見所

シドニーの町の画像

シドニーは、南半球を代表する世界都市並びに金融センターです。

大洋州を代表する国際観光都市でもあり、海に臨むオペラハウスの風景は有名で、世界で最も美しいといわれる都市の一つでもあります。

シドニーでの現金引き出し

オーストラリアではクレジットカード決済が主流なので、ATMで現金の引き出しをする場所を探すのに困ることはないでしょう。手数料は両替する場所によって異なるので必ずレートの確認をすることをおすすめします。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、シドニーで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、シドニーで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■シドニーのおすすめツアーと観光地

オペラハウス、オーストラリア博物館、オーストラリア国立海洋博物館、シドニー・ユダヤ博物館など

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でオーストラリアドルを持っていることをおすすめします。

■シドニーで買うならこれ!

チャルマーズデール、はちみつ、コアラのマカデミアナッツチョコレートなど

海外に強いカードで現金を引き出せば、オーストラリアでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■オーストラリアのお金
オーストラリアドル(AUSTRALIAN DOLLAR)

紙幣は$5、10、20、50、100で、硬貨は5、10、20、50¢、$1、2の6種類が発行されています。オーストラリアドルの紙幣は紙でないんです。プラスチック(ポリマー)で作られていて、しかも透かし部分には、透明フィルムが使用されています。偽造予防のようですが、サーファーの多い国なので防水にしたという話もあります。

■オーストラリアドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出すときに使えるワザ、オーストラリアのケアンズです。

ケアンズの概要と見所

ケアンズのサンゴ礁の画像

ケアンズは、日本から一番早く到着できるオーストラリアのリゾート地です。

気候は一年を通して温暖なため、観光客の数が多い場所としても知られています。

またケアンズは2つの世界遺産、カカドゥ国立公園とウルル-カタ・ジュタ国立公園への玄関都市でもあります。

ケアンズでの現金引き出し

オーストラリアではクレジットカード決済が主流なので、ATMで現金の引き出しをする場所を探すのに困ることはないでしょう。手数料は両替する場所によって異なるので必ずレートの確認をすることをおすすめします。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ケアンズで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ケアンズで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■ケアンズのおすすめツアーと観光地

グレートバリアリーフ、ウェット・トロピックスなど

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でオーストラリアドルを持っていることをおすすめします。

■ケアンズで買うならこれ!

チャルマーズデール、はちみつ、コアラのマカデミアナッツチョコレートなど

海外でお得なカードで現金を引き出せば、オーストラリアでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■オーストラリアのお金
オーストラリアドル(AUSTRALIAN DOLLAR)

紙幣は$5、10、20、50、100で、硬貨は5、10、20、50¢、$1、2の6種類が発行されています。オーストラリアドルの紙幣は紙でないんです。プラスチック(ポリマー)で作られていて、しかも透かし部分には、透明フィルムが使用されています。偽造予防のようですが、サーファーの多い国なので防水にしたという話もあります。

■オーストラリアドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX