ヨーロッパ

海外で現金の引き出し方、イタリアのベネチアです。

ベネチアの概要と見所

ベネチアの景色の画像

ベネチアは、アドリア海に臨む港湾都市で、約122の小島と約400の橋で結ばれた水の都です。

市街地には何と運河が176もあり、ゴンドラによる移動が独特の雰囲気を作りあげています。

ベネチアは、1866年にイタリア王国の一部になり、ガラス・宝石・皮革などの工芸品により発展しました。1987年には「ベネチアとその潟」の名で世界遺産(文化遺産)にも登録されています。

ベネチアでの現金引き出し

イタリアは観光立国です。バンコマットと呼ばれるATMは、いたるところに設置されているのでとても便利です。言語も、イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語から選択できるので、パニックになることをありません。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ベネチアで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ベネチアで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■ベネチアのおすすめツアーと観光地

サンマルコ大聖堂、ドゥカーレ宮殿、マッジョーレ島など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でユーロを持っていることをおすすめします。

■ベネチアで買うならこれ!

パスタソース、ヴェネツィアングラス、皮製品など

海外ならではの現金引き出し法を理解することで、イタリアでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■イタリアのお金
ユーロ(EURO)

ユーロ使用なので何かと楽です。セントのイタリア語読みはチェンテージモcentesimo、複数形はチェンテージミcentesimiです。

■ユーロのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金化に役立つ情報、オーストリアのウィーンです。

ウィーンの概要と見所

ウィーンのシンボルの画像

ウィーンは、人口171万以上の人々が暮らす欧州有数の世界都市です。クラシック音楽が古くから盛んで「音楽の都」とも呼ばれるほどです。

19世紀後半までは神聖ローマ帝国やドイツ連邦を通じて形としてはドイツ民族の都でもあったことでも有名です。その後、第1次世界大戦まではオーストリア=ハンガリー帝国の首都として、中東欧地域で隆盛を極めました。

ウィーンでの現金引き出し

オーストリアはカードキャッシングがしやすい国といえるでしょう。他の先進国同様、オーストリアはクレジットカードの利用が一般的なので、小さい村でもATMが設置されていることがほとんどです。現地でATMは「BANKOMATS」と呼ばれ、青と緑のストライプが目立つので簡単に見つけることができます。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ウィーンで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ウィーンで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■ウィーンのおすすめツアーと観光地

シェーンブルン宮殿、美術史美術館、19世紀20世紀美術館、レオポルト美術館など

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でシリングを持っていることをおすすめします。

■ウィーンで買うならこれ!

カボチャ油、ワイングラス、丸太クッキー、ほっとワーン用グラス、馬乳石鹸など

海外で有効なカードで現金を引き出せば、オーストリアでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■オーストリアのお金
シリング(SCHILLING)

2002年1月から使用され始めたユーロのドイツ語読みは、「ユーロ」が「オイロ」で「セント」は「ツェント」と発音します。紙幣は500,200,100,50,20,10,5ユーロの7種類、硬貨は2ユーロ、1ユーロ、50,20,10,5,1セントユーロの7種類です。

■シリングのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金って引き出せるのか、スペインのマドリードです。

マドリードの概要と見所

マドリードの町の画像

マドリードは、イベリア半島のほぼ中央部、メセタ(乾燥高原)と呼ばれる地域のマンサナーレス川沿いに広がる都市です。

約313万人が生活し、EU圏内ではロンドン、ベルリンに次ぐ大きな街として知られています。

マドリードという名前の由来は、市内を流れるマンサナーレス川が関係し、アラビア語で「水の源」を意味する「アル・マジュリート」と呼ばれていたものが、後に地名として使われるようになり、さらにそれが転訛して「マドリード」となったようです。

マドリードでの現金引き出し

スペインではバルやタパスに行く機会があるかも知れませんが、クレジットカードを受け付けてもらえないことがあります。お土産やでも「30ユーロ以上しかカードは駄目」と言われたこともあるにので、現金は必ず準備しておきましょう。ATMはいたるところに設置されているので、小額を現金化するのが盗難に合った場合でも安心です。言語も通常英語表示を選べますので安心です。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、マドリードで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、マドリードで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■マドリードのおすすめツアーと観光地

王宮、プラド美術館、ソフィア王妃芸術センター、ティッセン・ボルネミッサ美術館など

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でユーロを持っていることをおすすめします。

■マドリードで買うならこれ!

アリオリソース、サフラン、オリーブ、Cha Chaキャット、テゥロンなど

海外での独特な現金引き出し法、スペインでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■スペインのお金
ユーロ(EURO)

スペイン語のユーロ読みは「エウロEuro」と「センティモCentimo」です。以前は、1ユーロ160円台だったので、今はとても安くスペイン旅行が楽しめるようになりましたね。

■ユーロのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金が必要になったらどうするか、イタリアのミラノです。

ミラノの概要と見所

ミラノの聖堂の画像

ミラノは、ロンバルディア平原に位置する歴史のある商工業都市です。イタリア経済の中心地でローマ時代は帝国随一の商業都市でした。

ドゥオモが建つドゥオモ広場を中心に、観光スポットが点在しています。そこからスカラ広場へと続くヴィットリオ・エマヌエレ2世ガレリアは、歴史を感じるアーケードです。

ミラノでの現金引き出し

イタリアは観光立国です。バンコマットと呼ばれるATMは、いたるところに設置されているのでとても便利です。言語も、イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語から選択できるので、パニックになることをありません。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ミラノで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ミラノで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■ミラノのおすすめツアーと観光地

スカラ座、スフォルツェスコ城、ダ・ヴィンチ科学技術博物館など

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でユーロを持っていることをおすすめします。

■ミラノで買うならこれ!

ブランド品、パスタソース、ベネチアグラス、皮製品など

海外の現金を引き出す技を知ることで、イタリアでのお土産をもっと買うことができますよ!

■イタリアのお金
ユーロ(EURO)

ユーロ使用なので何かと楽です。セントのイタリア語読みはチェンテージモcentesimo、複数形はチェンテージミcentesimiです。

■ユーロのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出すときに使えるワザ、チェコのプラハです。

プラハの概要と見所

プラハの景色の画像

プラハは、さまざまな呼び名を持ち、ドイツ語ではプラーク、マジャル(ハンガリー)語ではプラーガ、英語ではプラーグと呼ばれます。

建物の多くに尖塔があることから「百塔のプラハ」という名称でも知られています。

プラハでの現金引き出し

チェコは、クレジットカードの使用が一般的ですので、現金の引き出しに困ることは少ないでしょう。ATMもかなり田舎でない限り、ほとんどの町に設置されています。2011年にプラハへ旅行した友人は、ATMキャッシングのレートが一番得だったと話していました。旧社会主義国も急速に変化しているようですね。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、プラハで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、プラハで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■プラハのおすすめツアーと観光地

プラハ城、ゴルツ・キンスキー宮殿、ティーンの聖母聖堂など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でコルナを持っていることをおすすめします。

■プラハで買うならこれ!

伝統工芸品、ガラス製品、爪ヤスリなど

海外でお得なカードで現金を引き出せば、チェコでのお土産をもっと買うことができますよ!

■チェコのお金
コルナ(KORUNA)

紙幣は5000Kc、2000Kc、1000Kc、500Kc、200Kc、100Kc、50Kcの7種、硬貨は50Kc、20Kc、10Kc、5Kc、2Kc、1Kcの6種類です。プラハでは、空港、主要な駅やバスターミナルには両替する場所があります。レートが良かったのは、銀行とチェドック(Cedok)でした。チェドックとは、社会主義時代の国営旅行社で、以前はここを通さないと外国人がチェコ内の旅行をすることができませんでした。因みに「幸せの国」ブータンは、まだこのスタイルをとっています。

■コルナのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金って引き出せるのか、スペインのバルセロナです。

バルセロナの概要と見所

サクラダファミリアの画像

バルセロナは、人口は約170万人。街を少し散策するだけで、ローマ時代の遺跡をはじめ、中世の都市、そして近代芸術を味わうことができます。

人気観光スポットは、何と言っても未だ建設中のガウディのサグラダファミリア。またピカソ美術館などもおすすめスポットの一つです。

バルセロナでの現金引き出し

スペインではバルやタパスに行く機会があるかも知れませんが、カードを受け付けてもらえないことがあります。お土産やでも「30ユーロ以上しかカードは駄目」と言われたこともあるにので、現金は必ず準備しておきましょう。ATMはいたるところに設置されているので、小額をキャッシングするのが盗難に合った場合でも安心です。言語も通常英語表示を選べますので安心です。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、バルセロナで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、バルセロナで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■バルセロナのおすすめツアーと観光地

サクラダファミリア、ピカソ美術館など

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でユーロを持っていることをおすすめします。

■バルセロナで買うならこれ!

ナティーリャ、サフラン、オリーブ、Cha Chaキャット、テゥロンなど

海外での独特な現金引き出し法、スペインでのお土産をもっと買うことができますよ!

■スペインのお金
ユーロ(EURO)

スペイン語のユーロ読みは「エウロEuro」と「センティモCentimo」です。以前は、1ユーロ160円台だったので、今はとても安くスペイン旅行が楽しめるようになりましたね。

■ユーロのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出しに役立つ技、イタリアのフィレンツェです。

フィレンツェの概要と見所

大聖堂の画像

フィレンツェは、歴史の大きな転換期であるルネッサンス発祥の地であり、また「花の都」とも呼ばれています。

人口は約40万で、旧市街地は都市博物館といわれるほど多くの歴史的建造物を楽しむことができます。

経済の主要部分は観光業ですが、トスカナ地方の農業の中心地としても重要な役割を果たしています。

フィレンツェfirenzeでの現金引き出し

イタリアは観光立国です。バンコマットと呼ばれるATMは、いたるところに設置されているのでとても便利です。言語も、イタリア語、英語、フランス語、ドイツ語から選択できるので、パニックになることをありません。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、フィレンツェfirenzeで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、フィレンツェfirenzeで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■フィレンツェのおすすめツアーと観光地

サンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂、サンタ・クローチェ教会など

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でユーロを持っていることをおすすめします。

■フィレンツェで買うならこれ!

エルボリステリア、マイ・ウォリットの革製品、イルパビロのステーショナリーなど

海外で現金を上手に引き出すことで、イタリアでのお土産をもっと買うことができますよ!

■イタリアのお金
ユーロ(EURO)

ユーロ使用なので何かと楽です。セントのイタリア語読みはチェンテージモcentesimo、複数形はチェンテージミcentesimiです。

■ユーロのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出すときに使えるワザ、イギリスのロンドンです。

ロンドンの概要と見所

ロンドン橋の画像

ロンドンは、世界最大の金融市場でもあり約700万人の人が生活しています。

ロンドンの魅力は何といっても、あらゆる民族や文化がうまくミックスされた、独特の雰囲気の街といえます。

2012年の夏季オリンピック(ロンドンオリンピック)開催予定地になっていますが、オリンピックは過去2回も開催されています。

ロンドンでの現金引き出し

イギリスの主要な都市の街角には、ATMが設置されているので、現金の引き出しに困ることはあまりないでしょう。日本以上のカード社会でとても便利ですよ。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ロンドンで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ロンドンで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■ロンドンのおすすめツアーと観光地

ロンドン博物館、大英自然史博物館、ロンドン交通博物館など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でポンドを持っていることをおすすめします。

■ロンドンで買うならこれ!

アッサム&ダージリンティ、ハロッズグッズ、ショートブレッドなど

海外でお得なカードで現金を引き出せば、イギリスでのお土産をもっと買うことができますよ!

■イギリスのお金
ポンド(POUND)

イギリスはEUに加盟していますが、通貨は独自の通貨GBP(= Great Britain Pound)を発行しています。UK pound sterling(スターリング)とも呼ばれ、補助単位はPence(ペンス)です。また、スコットランド、北アイルランド、マン島では、独自の紙幣が発行されています。これらの異なる紙幣は、イングランド地方では嫌がられる場合がありますので、これらの紙幣は、その地域で使ってしまうのが無難です。

■ポンドのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出し方、イタリアのローマです。

ローマの概要と見所

コロッセウムの画像

ローマは、イタリア最大の都市であり、現在270万人以上の人が生活しています。

カトリック教会の中枢として歴史的に重要な役割を果たす一方、その美しい街並から「永遠の都」とも呼ばれています。

ローマでの現金引き出し

滞在税と呼ばれる税金が、ローマ、フィレンツェ、ヴェネツィアでの宿泊には課せられます。各都市によって呼び方、対象宿泊施設、金額、時期、期間などは異なりますが、ホテルのランク、時期等で1泊ひとり1~5ユーロです。チェックアウト時に現金で直接ホテルへ支払うのが一般的です。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ローマで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ローマで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■ローマのおすすめツアーと観光地

コロッセオ、パンテオン、ボルゲーゼ美術館など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でユーロを持っていることをおすすめします。

■ローマで買うならこれ!

パスタソース、ヴェネツィアングラス、皮製品など

海外ならではの現金引き出し法を理解することで、イタリアでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■イタリアのお金
ユーロ(EURO)

ユーロ使用なので何かと楽です。セントのイタリア語読みはチェンテージモcentesimo、複数形はチェンテージミcentesimiです。

■ユーロのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出すときに使えるワザ、フランスのパリです。

パリの概要と見所

パリのエッフェル塔の画像

パリは、人口200万人以上を擁するヨーロッパ文化の中心都市の一つです。

紀元前4世紀からパリにはガリア人の集落があったとされますが、現在のような学術、教会の拠点として重要性を増したのは12世紀に栄えたカペー朝からとなります。

パリの名は、その地方に勢力を張っていたパリーシー族に由来しているそうです。

パリでの現金引き出し

フランスでは、外国からの旅行者が、ひとつの店で1日で175.01ユーロ以上の買い物をすると、通常12%(店によって異なる)の免税が適用されます。手続きにはパスポートが必要なので覚えておくとよいでしょう。商品を使用しないでEU圏外に持ち出すことが条件です。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、パリで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、パリで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■パリのおすすめツアーと観光地

ルーブル美術館、国立中世美術館、オランジュリー美術館、カルナヴァレ博物館など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でユーロを持っていることをおすすめします。

■パリで買うならこれ!

ローズジャム、ワイン、ショコラ、香水など

海外でお得なカードで現金を引き出せば、フランスでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■フランスのお金
ユーロ(EURO)

通貨単位はユーロ。補助通貨単位はセント(Cent)。フランス語読みでは「ウーロ Euro」と「サンチームCentime」になります。ユーロになったおかげで複数の国の旅行が楽になりました。

■ユーロのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX