中南米

海外で現金を引き出す機会ってどれくらいあるのか、ペルーのクスコです。

クスコの概要と見所

クスコの町の画像

クスコは、アンデス山脈中の標高3600mに位置する約30万人の人々が生活する古代都市です。

クスコとは、ケチュア語で、「へそ」を意味し、インカ帝国の正式名称である「タワンティン・スウユ」の首都であり、インカ文化の中心でした。

クスコでの現金引き出し

ペルーで一番使える場所が多いのは、現状VISAカードです。都市部であれば空港や町なかにATMがありますので、現金の引き出しでソル、または米ドルの現金を引き出することが可能です。街中での両替は、銀行より少しレートがいいので、ラッキーと思うかもしれませんが、金額をごまかされたり、偽札を渡されたりすることもあるようなので、おすすめはしません。TCの現金化は7%程度の手数料がかかるので、よほどの緊急時でない限り、おすすめしません。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、クスコで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、クスコで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■クスコのおすすめツアーと観光地

プカプカラ遺跡、ケンコー遺跡、タンボ・マチャイ沐浴場など

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でヌエボソルを持っていることをおすすめします。

■クスコで買うならこれ!

アルパカ製品、銀細工、ナスカの石、ミニトトラなど

海外に強いカードで現金を引き出せば、ペルーでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■ペルーのお金
ヌエボソル(NUEBO SOL)

ペルーの通貨は一般的にソルと呼ばれ、ソル紙幣はs/.10、20、50、100、コインはs/.1、2、5と10、20、50Centimoがあります。ペルーではホテルや旅行会社のような観光業が扱う各種サービスや電化製をはじめとする輸入品などは、ドル表示となっていることが多いので、商品購入時は注意する必要があります。ドルは便利ですが、ソルからドルへの両替は、端数が切り捨てになるのでやや不利といえます。

■ヌエボソルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出すときに使えるワザ、ペルーのリマです。

リマの概要と見所

リマの町並みの画像

リマは、チャラと呼ばれる海岸砂漠地帯に位置するペルーの政治、文化、金融、商業の中心地です。

人口約900万人のリマは、植民地時代にスペインとの通信をしやすくするため、それまでのクスコに代わって首都となりました。リマの街は植民地時代に建てられた建物が多く残るセントロ地区と海岸沿いの新市街に二分されます。

リマでの現金引き出し

ペルーで一番使える場所が多いのは、現状VISAカードです。都市部であれば空港や町なかにATMがありますので、現金の引き出しでソル、または米ドルの現金を引き出することが可能です。街中での両替は、銀行より少しレートがいいので、ラッキーと思うかもしれませんが、金額をごまかされたり、偽札を渡されたりすることもあるようなので、おすすめはしません。TCの現金化は7%程度の手数料がかかるので、よほどの緊急時でない限り、おすすめしません。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、リマで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、リマで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■リマのおすすめツアーと観光地

サント・ドミンゴ教会、黄金博物館、天野博物館など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でヌエボソルを持っていることをおすすめします。

■リマで買うならこれ!

アルパカ製品、銀細工、ナスカの石、ミニトトラなど

海外でお得なカードで現金を引き出せば、ペルーでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■ペルーのお金
ヌエボソル(NUEBO SOL)

ペルーの通貨は一般的にソルと呼ばれ、ソル紙幣はs/.10、20、50、100、コインはs/.1、2、5と10、20、50Centimoがあります。ペルーではホテルや旅行会社のような観光業が扱う各種サービスや電化製をはじめとする輸入品などは、ドル表示となっていることが多いので、商品購入時は注意する必要があります。ドルは便利ですが、ソルからドルへの両替は、端数が切り捨てになるのでやや不利といえます。

■ヌエボソルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX