中東

海外で現金の引き出し方、サウジアラビアのリヤドです。

リヤドの概要と見所

リヤドのキングダムタワーの画像

リヤドは、474万もの人が暮らすサウジアラビアの首都です。

王国が建国される前からサウジアラビアの王家であるサウード家の拠点として、厳格なイスラムの教えを守るワッハーブ主義運動の中心になってきました。

写真のキングダムタワーをはじめ、アリフェイサルタワーなど日本とは比較にならない魅力的なビルが立ち並び、リヤドを初体験する人は建築技術の高さに驚くことでしょう。またリヤドにある王様ご用達のデーツ専門店Bateelは、100種類以上のデーツを扱うおすすめ店です。

リヤドでの現金引き出し

リヤドの街中であれば、ATMを見つけるのにさほど苦労はしないでしょう。バンキングに力を入れているだけあって、中東諸国の中では現金の引き出しにてこずらない都市といえます。クレジットカードもホテル、レストラン、お土産屋ではビザ、マスターともに問題なく使用できました。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、リヤドで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、リヤドで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■リヤドのおすすめツアーと観光地

キングダム・タワー、アル・ファイサリアタワー、ディライーヤ遺跡、マスマク城など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でリヤルを持っていることをおすすめします。

■リヤドで買うならこれ!

王室御用達デーツ、香水、スパイスなど

海外でお得なカードで現金を引き出せば、サウジアラビアでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■サウジアラビアのお金
リヤル(RIYAL)

紙幣は、1, 5, 10, 50, 100, 500が主に流通しています。20リヤルと200リヤル紙幣も発行されているようですが、見た記憶がありません。硬貨は5, 10, 25, 50, 100ハララーが使用されています。リヤドで驚いたのは、銀行の営業時間が9:00から14:00だったことです。サウジアラビア人の友人に聞いたら、昼からはサッカー見るか子どもと遊ぶために過ごしているとのことでした。うらやましい限りです。

■リヤルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出しに役立つ技、アラブ首長国連邦のドバイです。

ドバイの概要と見所

ドバイの7つ星ホテルの画像

ドバイは、ペルシャ湾に面する7つの首長国からなる連邦国家、アラブ首長国連邦のひとつです。

人口は220万人を超え、2009年にはドバイショックがあったものの、ユニークなビルが立ち並ぶ近代的な都市国家として発展し続けています。

歴史的には、東インド会社への貴重な中継地として利用したイギリスの影響を強く受け、自由貿易政策によって、他の中東諸国と比較し欧米とのつながりを密にすることで発展してきました。

ドバイでの現金引き出し

ドバイの街中であれば、ATMを見つけるのに苦労しないでしょう。現金の引き出しが中東諸国の中では、サウジアラビアに次いでしやすい印象があります。トラベラーズチェックは使用したことがありませんが、さすが世界の富豪が集まる都市だけあって、クレジットカードはいたるところで利用することができました。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ドバイで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ドバイで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■ドバイのおすすめツアーと観光地

バージュハリファ、バージュ・アル・アラブ、イスラム文化体験ツアーなど

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でディルハムを持っていることをおすすめします。

■ドバイで買うならこれ!

デーツ、香水、スパイス、シルク、砂絵アートなど

海外で有効なカードで現金を引き出せば、アラブ首長国連邦でのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■アラブ首長国連邦のお金
ディルハム(DIRHAM)

現在利用されている紙幣は、5、10、20、50、100、200、500、1000の8種です。2011年にドバイを経由したときは、米ドルで両替したため、以前よりレートがよかった気がしました。中東諸国の多くは、米ドルペッグ制を採用していて、米ドルが基軸通貨になっています。なので、円高ドル安だと、そのままディルハムの両替にも影響します。また、日本円の流通が少ないので、レートが良くないとドバイで仕事をする友人から聞いたこともあります。

■ディルハムのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す方法、エジプトのアスワンです。

アスワンの概要と見所

アスワンとナイル川の画像

アスワンは、カイロの南899km、ナイル川の東流域に位置しています。1年を通して太陽が降り注ぎ、温暖な気候に恵まれています。

エジプトが持つイメージとは少し違い、静寂な魅力あふれる自然に囲まれており、世界で最も美しい冬のリゾート地として人気があります。

ファルーカ(帆船)に乗ってのサンセットクルーズや市場で手工芸品や民芸品、香辛料や香水などのショッピングを楽しむツアーが人を集めています。

アスワンでの現金引き出し

エジプトの物価は実に安いのですが、ツアーで行くレストランは日本並みで「えっ」って感じです。お土産屋さんも外国人向けの価格があるので、現地の友人がいればベストですね。エジプトポンドへの両替は、エジプト空港でしておくとよいでしょう。エジプトでは、ポンドのほかにアメリカドルが利用でき、そのほうが少し安かったりするのです。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、アスワンで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、アスワンで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■アスワンのおすすめツアーと観光地

アブシンベル神殿、フィラエのイシス神殿、アスワン博物館など

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でポンドを持っていることをおすすめします。

■アスワンで買うならこれ!

ナツメヤシ、パピルス、香水ピン、ラバーバなど

海外でうまく現金を引き出せば、エジプトでのお土産をもっと買うことができますよ!

■エジプトのお金
ポンド(EGYPTIAN POND)

ポンドはアラビア語でギニー、補助単位であるピアストルはエルシュまたはサアと発音します。紙幣にはカイロにある代表的なモスクがデザインされ、中東気分を味わえます。

■ポンドのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金化に役立つ情報、トルコのカッパドキアです。

カッパドキアの概要と見所

カッパドキアの風景の画像

カッパドキアは、アンカラ東南部に位置する世界遺産です。異なる惑星を思わせる不思議な奇岩群がひしめきあう風景は圧巻です。

初期キリスト教の時代には多くのキリスト教徒たちが迫害や弾圧を逃れ、この地下に隠れ住んでいました。岩窟教会などにその歴史をかいま見ることができます。

カッパドキアでの現金引き出し

ATMは街のいたるところに設置されているので、現金の引き出しに最適で、24時間いつでも現金を確保することができます。残念ながらT/Cの利用は限られ、両替ができてもレートが高いので緊急用に使うぐらいで持っていくならいいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、カッパドキアで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、カッパドキアで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■カッパドキアのおすすめツアーと観光地

ギョレメ野外博物館など

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でトルコリラを持っていることをおすすめします。

■カッパドキアで買うならこれ!

スパイス、ペルシャ絨毯、貴金属など

海外で有効なカードで現金を引き出せば、トルコでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■トルコのお金
トルコリラ(TURKISH LIRA)

トルコでは2009年1月1日から新通貨が発行され、通貨単位はTL(トルコリラ)になりました。新通貨は、紙幣が全6種(200TL, 100TL, 50TL, 20TL, 10TL, 5TL)、硬貨も同じく6種(1TL, 50Krs, 25Krs, 10Krs, 5Krs, 1Krs)となっています。

■トルコリラのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出し方、トルコのアンカラです。

アンカラの概要と見所

アンカラのモスクの画像

アンカラは、人口約358万人(2003年)を抱えるトルコ第2の都市です。アナトリア半島中央部に位置するこの美しい街はアンカラ県の県都にもなっています。

現在のアンカラ旧市街は、元は「アンキュラ」と呼ばれ小アジアに住んでいたフリュギアによって建設されました。

アンカラでの現金引き出し

ATMは街のいたるところに設置されているので、現金の引き出しに最適で、24時間いつでも現金を確保することができます。残念ながらT/Cの利用は限られ、両替ができてもレートが高いので緊急用に使うぐらいで持っていくならいいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、アンカラで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、アンカラで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■アンカラのおすすめツアーと観光地

アナトリア文明博物館、アタテュルク廟(アヌトゥカビル)など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でトルコリラを持っていることをおすすめします。

■アンカラで買うならこれ!

スパイス、ペルシャ絨毯、貴金属など

海外ならではの現金引き出し法を理解することで、トルコでのお土産をもっと買うことができますよ!

■トルコのお金
トルコリラ(TURKISH LIRA)

トルコでは2009年1月1日から新通貨が発行され、通貨単位はTL(トルコリラ)になりました。新通貨は、紙幣が全6種(200TL, 100TL, 50TL, 20TL, 10TL, 5TL)、硬貨も同じく6種(1TL, 50Krs, 25Krs, 10Krs, 5Krs, 1Krs)となっています。

■トルコリラのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す方法、エジプトのカイロです。

カイロの概要と見所

クフ王のピラミッドの画像

カイロは、エジプトの首都で、アフリカにおいて最も人口(1700万人以上)の多い都市です。

ナイル川河畔の交通の要衝として中世に建設されて以来、長い時代を通じてイスラム世界における学術、文化、経済の中心都市でありつづけました。

カイロでの現金引き出し

エジプトの物価は実に安いのですが、ツアーで行くレストランは日本並みで「えっ」って感じです。お土産屋さんも外国人向けの価格があるので、現地の友人がいればベストですね。エジプトポンドへの両替は、エジプト空港でしておくとよいでしょう。エジプトでは、ポンドのほかにアメリカドルが利用でき、そのほうが少し安かったりするのです。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、カイロで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、カイロで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■カイロのおすすめツアーと観光地

3大ピラミッド、エジプト考古学博物館、スルタン・ハツサン・モスクなど

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でポンドを持っていることをおすすめします。

■カイロで買うならこれ!

パピルス、香水ピン、ラバーバなど

海外でうまく現金を引き出せば、エジプトでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■エジプトのお金
ポンド(EGYPTIAN POND)

ポンドはアラビア語でギニー、補助単位であるピアストルはエルシュまたはサアと発音します。紙幣にはカイロにある代表的なモスクがデザインされ、中東気分を味わえます。

■ポンドのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金化に役立つ情報、トルコのコンヤです。

コンヤの概要と見所

コンヤの街の画像

コンヤは、ペルガモン王国の後にローマ帝国に組み込まれ、初期キリスト教の舞台のひとつとなった場所です。

セルジューク・トルコの支配下で学者、芸術家、科学者などが各地から集められ13世紀中ごろ隆盛を極めました。

近郊にはチャタル・ヒュユク遺跡という、紀元前6,500年の人跡を見ることができる集落遺跡があります。その他、コンヤは京都市とパートナーシティ提携を結んでおり文化交流が盛んです。

コンヤでの現金引き出し

ATMは街のいたるところに設置されているので、現金の引き出しに最適で、24時間いつでも現金を確保することができます。残念ながらT/Cの利用は限られ、両替ができてもレートが高いので緊急用に使うぐらいで持っていくならいいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、コンヤで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、コンヤで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■コンヤのおすすめツアーと観光地

メヴラーナ博物館、ミナーレ博物館など

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でトルコリラを持っていることをおすすめします。

■コンヤで買うならこれ!

スパイス、ペルシャ絨毯、貴金属など

海外で有効なカードで現金を引き出せば、トルコでのお土産をもっと買うことができますよ!

■トルコのお金
トルコリラ(TURKISH LIRA)

トルコでは2009年1月1日から新通貨が発行され、通貨単位はTL(トルコリラ)になりました。新通貨は、紙幣が全6種(200TL, 100TL, 50TL, 20TL, 10TL, 5TL)、硬貨も同じく6種(1TL, 50Krs, 25Krs, 10Krs, 5Krs, 1Krs)となっています。

■トルコリラのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金って引き出せるのか、トルコのイスタンブールです。

イスタンブールの概要と見所

ブルーモスクの画像

イスタンブールは、ニューヨークに匹敵する人口800万人を超えるメガシティです。

名物のエクメッキと呼ばれるバケット風のパンを使ったサバサンドは絶品ですので、ぜひ食べてみるといいでしょう。

イスタンブールでの現金引き出し

ATMは街のいたるところに設置されているので、現金の引き出しに最適で、24時間いつでも現金を確保することができます。残念ながらT/Cの利用は限られ、両替ができてもレートが高いので緊急用に使うぐらいで持っていくならいいでしょう。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、イスタンブールで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、イスタンブールで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■イスタンブールのおすすめツアーと観光地

ブルーモスク、ペルシャ絨毯屋など

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でトルコリラを持っていることをおすすめします。

■イスタンブールで買うならこれ!

スパイス、ペルシャ絨毯、貴金属など

海外での独特な現金引き出し法、トルコでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■トルコのお金
トルコリラ(TURKISH LIRA)

トルコでは2009年1月1日から新通貨が発行され、通貨単位はTL(トルコリラ)になりました。新通貨は、紙幣が全6種(200TL, 100TL, 50TL, 20TL, 10TL, 5TL)、硬貨も同じく6種(1TL, 50Krs, 25Krs, 10Krs, 5Krs, 1Krs)となっています。

■トルコリラのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX