北米

海外で現金を引き出すときに使えるワザ、アメリカのアナハイムです。

アナハイムの概要と見所

アナハイムといえばディズニーの画像

アナハイムは、ロスから南東へ約45km離れた風光明媚なカリフォルニア州オレンジ郡に位置しています。

現在全米で55番目に人口が多い地域として知られ、何といってもディズニーランドの本拠地として有名ですね。野球チームはエンゼルスが拠点としています。

歴史は、1857年に遡りドイツ系移民の入植地として発展してきました。アナハイムという地名は、町を流れるサンタアナ川とドイツ語で家族を意味するハイムから作られたそうです。観光業のほか、電器機械や電子機器系の産業に強いことから国際的な博覧会なども多く開催されています。

アナハイムでの現金引き出し

アメリカは小さな町でもATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。私は留学中、現地の銀行で口座を開き日本から送金してもらっていました。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、アナハイムで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、アナハイムで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■アナハイムのおすすめツアーと観光地

ディズニーランド、ディズニーカリフォルニアアドベンチャー、エンゼルススタジアムなど

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でドルを持っていることをおすすめします。

■アナハイムで買うならこれ!

エンジェルスグッズ、サプリメント、ブランド品、チョコレートなど

海外ならではの現金引き出し法を理解することで、アメリカでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■アメリカのお金
ドル(DOLLAR)

アメリカドル紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。独特の手触りとにおいがある。アメリカ滞在中に聞いたことですが、USドルの高額紙幣の偽札は、世界中に出回っているため、支払い時に入念にチェックされることがあるそうです。キャッシングのときはあまり$100札は選択しないほうが無難かもしれません。コインは25¢、10¢、5¢、1¢の4種類です。各コインには別名があり、25¢は「クォーター」、10¢は「ダイム」、5¢は「ニッケル」、1¢は「ペニー」とも呼ばれています。

■ドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金化に役立つ情報、アメリカのグランドキャニオンです。

グランドキャニオンの概要と見所

グランドキャニオンの絶景の画像

グランドキャニオンは、アリゾナ州北部に位置する1979年に世界遺産として登録された美しい峡谷です。

コロラド川が浸食することによって創り出された独特な地形を有し、地層から地球の歴史を理解するうえでも重要な地域となっています。

ナバホ族をはじめとするネイティブ・アメリカンは4千年前に既に住んでいたとされ、グランドキャニオン付近では、石に彫られた不思議な文字を目にしたりします。科学的な調査に挑んだのは、1869年に訪れたアメリカ軍人のジョン・ウェズレー・パウエルが最初とされています。

グランドキャニオンでの現金引き出し

アメリカは小さな町でもATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。私は留学中、現地の銀行で口座を開き日本から送金してもらっていました。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、グランドキャニオンで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、グランドキャニオンで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■グランドキャニオンのおすすめツアーと観光地

アンテロープキャニオンツアー、セスナ観光、ブライトエンジェルロッジなど

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でドルを持っていることをおすすめします。

■グランドキャニオンで買うならこれ!

ナバホ族民芸品、サプリメント、ブランド品、チョコレートなど

海外で現金を上手に引き出すことで、アメリカでのお土産をもっと買うことができますよ!

■アメリカのお金
ドル(DOLLAR)

アメリカドル紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。独特の手触りとにおいがある。アメリカ滞在中に聞いたことですが、USドルの高額紙幣の偽札は、世界中に出回っているため、支払い時に入念にチェックされることがあるそうです。キャッシングのときはあまり$100札は選択しないほうが無難かもしれません。コインは25¢、10¢、5¢、1¢の4種類です。各コインには別名があり、25¢は「クォーター」、10¢は「ダイム」、5¢は「ニッケル」、1¢は「ペニー」とも呼ばれています。

■ドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す機会ってどれくらいあるのか、カナダのイエローナイフです。

イエローナイフの概要と見所

イエローナイフのオーロラの画像

イエローナイフは、近年ではオーロラを見る絶好のスポットとして注目を集めています。

北極圏からおよそ500km南に位置するグレートスレーブ湖畔に面した美しい街です。イエローナイフには多様な民族が住む地域としても知られ、英語やフランス語のほか、チペワイアン語、ドグリブ語、スレイビー語といった5つの言語が使われています。

2011年から太陽の活動が活発になることから、日本からのツアーも徐々に増えてきています。オーロラの色は太陽から発せられる物質と酸素や窒素といった空気中にある物質とどれくらいの割合でぶつかるかによって変わるそうです。

イエローナイフでの現金引き出し

カナダではATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。留学などで長期滞在する場合は、現地銀行で口座を開いておくのもいいと思います。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、イエローナイフで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、イエローナイフで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■イエローナイフのおすすめツアーと観光地

イエローナイフ市内観光、犬ぞり体験ツアー、スノーモービル、かんじき体験ウォークなど

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でカナダドルを持っていることをおすすめします。

■イエローナイフで買うならこれ!

オーロラ関連商品、メープルシロップ、チョコレート、メイプルシロップクッキー、ドライフルーツなど

海外の現金を引き出す技を知ることで、カナダでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■カナダのお金
カナダドル(CANADIAN DOLLAR)

紙幣は$5、10、20、50、100、500、1000の7種類で、コインは¢1、5、 10、25、$1、$2の6種類です。カナダ政府は、偽造防止策としてプラスチックを使ったポリマー紙幣を2011年に導入しました。現在は100ドル紙幣だけですが、2012年に50ドル札と20ドル札、2013年に10ドル札と5ドル札を順次ポリマー紙幣に変えていく予定です。因みにポリマー紙幣の肖像画は、1911~1920年にカナダの首相だったロバート・ボーデンです。

■カナダドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出し方、カナダのバンクーバーです。

バンクーバーの概要と見所

バンクーバーの景色の画像

バンクーバーは、カナダ国内では第8位の人口規模の都市であり、2010年の第21回冬季オリンピック(バンクーバーオリンピック)開催された場所としても知られています。

バンクーバーという都市名はイギリスの探検家、ジョージ・バンクーバーが語源となっています。たくさんの氷河を見つけた船長としても名高い人ですね。

バンクーバーでの現金引き出し

カナダではATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。留学などで長期滞在する場合は、現地銀行で口座を開いておくのもいいと思います。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、バンクーバーで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、バンクーバーで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■バンクーバーのおすすめツアーと観光地

バンデューセン植物園、バンクーバー海洋博物館、、バンクーバー美術館、お土産屋など

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でカナダドルを持っていることをおすすめします。

■バンクーバーで買うならこれ!

メープルシロップ、チョコレート、メイプルシロップクッキー、ドライフルーツなど

海外でお得なカードで現金を引き出せば、カナダでのお土産をもっと買うことができますよ!

■カナダのお金
カナダドル(CANADIAN DOLLAR)

紙幣は$5、10、20、50、100、500、1000の7種類で、コインは¢1、5、 10、25、$1、$2の6種類です。カナダ政府は、偽造防止策としてプラスチックを使ったポリマー紙幣を2011年に導入しました。現在は100ドル紙幣だけですが、2012年に50ドル札と20ドル札、2013年に10ドル札と5ドル札を順次ポリマー紙幣に変えていく予定です。因みにポリマー紙幣の肖像画は、1911~1920年にカナダの首相だったロバート・ボーデンです。

■カナダドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金が必要になったらどうするか、アメリカのサンフランシスコです。

サンフランシスコの概要と見所

サンフランシスコのゴールデンゲートブリッジの画像

サンフランシスコは、キリスト教の一派フランシスコ会の修道士が、創設者である聖フランシスコを街の名に付けたのが地名の由来とされています。

1849年に起こったカリフォルニア・ゴールドラッシュを気に人口が急増し、現在では全米12位の人口を有するまでになりました。ケーブルカーが坂道を通る風景は何ともとてもわくわくします。

サンフランシスコでの現金引き出し

アメリカは小さな町でもATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。私は留学中、現地の銀行で口座を開き日本から送金してもらっていました。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、サンフランシスコで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、サンフランシスコで現金化する額を決めておくといいでしょう。

■サンフランシスコのおすすめツアーと観光地

コイトタワー、フィッシャーマンズワーフ、アルカトラス島、ユニオンスクエア-など

上記が旅行代金に含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、お土産やフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でドルを持っていることをおすすめします。

■サンフランシスコで買うならこれ!

サプリメント、ブランド品、チョコレートなど

海外に強いカードで現金を引き出せば、アメリカでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■アメリカのお金
ドル(DOLLAR)

アメリカドル紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。独特の手触りとにおいがある。アメリカ滞在中に聞いたことですが、USドルの高額紙幣の偽札は、世界中に出回っているため、支払い時に入念にチェックされることがあるそうです。キャッシングのときはあまり$100札は選択しないほうが無難かもしれません。コインは25¢、10¢、5¢、1¢の4種類です。各コインには別名があり、25¢は「クォーター」、10¢は「ダイム」、5¢は「ニッケル」、1¢は「ペニー」とも呼ばれています。

■ドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金って引き出せるのか、カナダのナイアガラフォールズです。

ナイアガラフォールズの概要と見所

ナイアガラの滝の画像

ナイアガラフォールズは、カナダとアメリカ合衆国の国境にもなっている人気の観光スポットです。

ゴート島を境にして、カナダ側のカナダ滝とアメリカ側のアメリカ滝とに大きく二つに分かれています。最大落差55mを誇るブライダルベール滝が有名です。

イグアスの滝やビクトリアの滝の比べると落差はないものの幅が広く、北米地域では最大の長さを誇っています。カナダの五大湖の水が集まっているため、水量が非常に多く、研究者によると2万5千年後には侵食によって無くなってしまうそうです。

ナイアガラフォールズでの現金引き出し

カナダではATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。留学などで長期滞在する場合は、現地銀行で口座を開いておくのもいいと思います。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ナイアガラフォールズで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ナイアガラフォールズで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■ナイアガラフォールズのおすすめツアーと観光地

霧の乙女号クルーズ、ライトアップとディナー、ヘリコプターツアー、スカイロンタワーでの夕食など

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でカナダドルを持っていることをおすすめします。

■ナイアガラフォールズで買うならこれ!

メープルシロップ、チョコレート、メイプルシロップクッキー、ドライフルーツなど

海外でうまく現金を引き出せば、カナダでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■カナダのお金
カナダドル(CANADIAN DOLLAR)

紙幣は$5、10、20、50、100、500、1000の7種類で、コインは¢1、5、 10、25、$1、$2の6種類です。カナダ政府は、偽造防止策としてプラスチックを使ったポリマー紙幣を2011年に導入しました。現在は100ドル紙幣だけですが、2012年に50ドル札と20ドル札、2013年に10ドル札と5ドル札を順次ポリマー紙幣に変えていく予定です。因みにポリマー紙幣の肖像画は、1911~1920年にカナダの首相だったロバート・ボーデンです。

■カナダドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金を引き出す方法、アメリカのロサンゼルスです。

ロサンゼルスの概要と見所

ロサンゼルスの風景の画像

ロサンゼルスは、ニューヨークに次いで400万人近くが生活し全米2位の人口規模を持っています。

治安状態は良くなってきてはいるものの、2007年時点までの犯罪発生件数は10万件を越え、アメリカの主要都市の中ではメンフィス同様、犯罪件数が多い都市の1つとされています。

ロサンゼルスでの現金引き出し

アメリカは小さな町でもATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。私は留学中、現地の銀行で口座を開き日本から送金してもらっていました。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ロサンゼルスで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ロサンゼルスで現金化する額を計算してみるとといいでしょう。

■ロサンゼルスのおすすめツアーと観光地

ディズニーランド、ロサンゼルス現代美術館、ユニバーサルスタジオ、マジックマウンテンなど

上記がツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやフードコートなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でドルを持っていることをおすすめします。

■ロサンゼルスで買うならこれ!

ポーカーゲーム、マカデミアナッツ、サプリメント、ブランド品、チョコレートなど

海外での独特な現金引き出し法、アメリカでのお土産を一品楽に増やせてしまいますよ!

■アメリカのお金
ドル(DOLLAR)

アメリカドル紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。独特の手触りとにおいがある。アメリカ滞在中に聞いたことですが、USドルの高額紙幣の偽札は、世界中に出回っているため、支払い時に入念にチェックされることがあるそうです。キャッシングのときはあまり$100札は選択しないほうが無難かもしれません。コインは25¢、10¢、5¢、1¢の4種類です。各コインには別名があり、25¢は「クォーター」、10¢は「ダイム」、5¢は「ニッケル」、1¢は「ペニー」とも呼ばれています。

■ドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出しに役立つ技、アメリカのラスベガスです。

ラスベガスの概要と見所

ラスベガスの夜景の画像

ラスベガスは、、砂漠の中のオアシスとして1820年代にモルモン教徒によって発見されました。「肥沃な草原」のというスペイン語の語源があります。

ラスベガスといえば、ニュージャージー州のアトランティックシティと並ぶ、カジノやショービジネスです。

ネバダ州は法人税、個人所得税等がない上に、他の税金も非常に税率が低い為、シティグループをはじめとしたアメリカの大企業が進出していることでも知られています。

ラスベガスでの現金引き出し

アメリカは小さな町でもATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。私は留学中、現地の銀行で口座を開き日本から送金してもらっていました。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ラスベガスで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ラスベガスで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■ラスベガスのおすすめツアーと観光地

MGMグランドをはじめとするカジノなど

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、ギフトショップやレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でドルを持っていることをおすすめします。

■ラスベガスで買うならこれ!

サプリメント、ブランド品、チョコレートなど

海外で有効なカードで現金を引き出せば、アメリカでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■アメリカのお金
ドル(DOLLAR)

アメリカドル紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。独特の手触りとにおいがある。アメリカ滞在中に聞いたことですが、USドルの高額紙幣の偽札は、世界中に出回っているため、支払い時に入念にチェックされることがあるそうです。キャッシングのときはあまり$100札は選択しないほうが無難かもしれません。コインは25¢、10¢、5¢、1¢の4種類です。各コインには別名があり、25¢は「クォーター」、10¢は「ダイム」、5¢は「ニッケル」、1¢は「ペニー」とも呼ばれています。

■ドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出しに役立つ技、アメリカのニューヨークです。

ニューヨークの概要と見所

自由の女神像の画像

ニューヨークは、人口800万人を超える世界有数のメガシティです。

また、世界屈指の金融センターであり、 世界の商業、文化、ファッション、エンターテインメントなどに多大な影響を及ぼしています。また国際政治の中心である国際連合本部ビルはニューヨークに位置しています。

ニューヨークでの現金引き出し

アメリカは小さな町でもATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。私は留学中、現地の銀行で口座を開き日本から送金してもらっていました。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ニューヨークで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ニューヨークで現金化する額を予算化しておくといいでしょう。

■ニューヨークのおすすめツアーと観光地

自由の女神、メトロポリタン美術館、ブロンクス動物園など

上記がパッケージに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、土産屋やレストランなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でドルを持っていることをおすすめします。

■ニューヨークで買うならこれ!

Fat Witchのブラウニー、Strandのトートバッグ、MicroplaneのZesterなど

海外で現金を上手に引き出すことで、アメリカでのお土産を簡単に追加できちゃいますよ!

■アメリカのお金
ドル(DOLLAR)

アメリカドル紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。独特の手触りとにおいがある。アメリカ滞在中に聞いたことですが、USドルの高額紙幣の偽札は、世界中に出回っているため、支払い時に入念にチェックされることがあるそうです。キャッシングのときはあまり$100札は選択しないほうが無難かもしれません。コインは25¢、10¢、5¢、1¢の4種類です。各コインには別名があり、25¢は「クォーター」、10¢は「ダイム」、5¢は「ニッケル」、1¢は「ペニー」とも呼ばれています。

■ドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX

海外で現金の引き出し方、ハワイのホノルルです。

ホノルルの概要と見所

ホノルルのビーチの画像

ホノルルは、オアフ島南岸に位置するハワイの州都です。

ハワイのビジネスや政治、文化の中心地であるホノルルには、月に約3,000人の日本人が訪れています。ワイキキビーチやダイヤモンド・ヘッドなど美しい自然を堪能することができる一大リゾートです。

ハワイは、カメハメハ大王によって18世紀後半に統一され、1959年に準州から50番目の州へと昇格しました。

ホノルルでの現金引き出し

ホノルルは小さな町でもATMがいたるところに設置されていてとても便利です。大きな都市なら現金の引き出しにまず困ることはないでしょう。ほとんどのホテル、レストラン、観光名所、お土産屋でクレジットカードとトラベラーズチェックの両方が使用できました。現地の銀行で口座を開くことも難しくはないので長期滞在する場合を考えてもいいと思います。

海外旅行で現金を引き出すベストな方法を参考にすれば、無駄な手数料をセーブすることが可能です。

ワンランク上のレストランやホテルにその分を利用して旅行をもっと充実させましょう!

海外旅行中、ホノルルで現金はいくら持つ?

海外旅行で現金が必要になる場面を参考に、ホノルルで現金化する額を考えておくといいでしょう。

■ホノルルのおすすめツアーと観光地

ビショップ美術館、ゴルフ場、エステ、レストランなど

上記がパックツアーに含まれている場合でも、入館料やチップが必要になるときがあります。

また、海外旅行先にもよりますが、レストランやギフトショップなどでは、カードを受け付けないショップもありますので、なるべく現金でドルを持っていることをおすすめします。

■ホノルルで買うならこれ!

マカデミアナッツ、ココナッツソープなど

海外ならではの現金引き出し法を理解することで、ハワイでのお土産をもっと買うことができますよ!

■ハワイのお金
ドル(DOLLAR)

アメリカドル紙幣は$100、$50、$20、$10、$5、$1の6種類。独特の手触りとにおいがある。アメリカ滞在中に聞いたことですが、USドルの高額紙幣の偽札は、世界中に出回っているため、支払い時に入念にチェックされることがあるそうです。キャッシングのときはあまり$100札は選択しないほうが無難かもしれません。コインは25¢、10¢、5¢、1¢の4種類です。各コインには別名があり、25¢は「クォーター」、10¢は「ダイム」、5¢は「ニッケル」、1¢は「ペニー」とも呼ばれています。

■ドルのレートを計算してみよう【利用方法】
Powered by CMS FX